覚醒武将

覚醒武将
覚醒画像
解説運用法対策覚醒順番兵種
孫権
2_4-01_ex.png
呉の君主武将 高いHPと防御性能 兵種をもつ。 
壁としての役目や覚醒スキルの関係から生存が第一の為、
後衛もあり、攻撃性能は連携が揃うと高い。
サポート、壁役では優秀。
覚醒しなくても星3まで上げれば、壁として使える。
壁として使うなら、呂蒙と連携させよう真骨頂は覚醒させてから。
被ダメ減効果は孫権がいる間、永遠にかかり続ける。
フル覚醒が望ましい。防御バフの効果をもっとも活用できるのが孫尚香等の高火力武将。
早めの排除が肝心。
前衛ならば、フル覚醒淩統でHPを削りつつ、高火力武将で仕留めよう。
覚醒3未満であれば、バフ効果も低いので無視するのも手。
火力はフル連携させない限りないので、他武将を排除して孤立させよう
兵→防→攻→計虎憤衛
デフォルト兵種
高いHPを十分に生かし切る。
壁役をこなすならこの兵種

水師
ダメージ連携がそろっているならアリ。
比較的高いダメージを早打ちできる。

山越兵
洛陽のほか沮授や呂布など群武将高火力と遭遇した時、有効。
周瑜
2_4-02_ex.png
高火力計略武将。いわゆる「砲」としての火力はそこまでではないが、
兵種と連携で高火力になる。
早打ち編成が推奨。
覚醒スキルは出端を挫く。
敵側も高火力早打ち編成したときには周瑜の覚醒スキルで有効に戦える。
連携スキルもある小喬とのコンビでより相手の後衛フォースを減少させる。
また蜀武将に多い籐甲兵への相性も高い、陸遜との運用も鉄板。
フル覚醒周瑜の覚醒スキルには対抗手段がない、計略スキルに頼らない編成を組むことが基本。
ほとんどが水師編成だと思うので呉キラーや特殊兵種キラーで早打ち編成でも簡単に倒せる。
防御性能は皆無なので、前衛に高火力、計略武将を置いて覚醒スキル対策もあり
計→兵→防→攻
(覚醒スキルがHP量依存であるから兵が優先)
水師
デフォルト兵種、火力が増す、ぜひとも早打ち連発編成で手数を増やそう

火矢兵
相手の謀士対策にあり、出端を挫いて周瑜の計略スキルを叩き込めれば、
相手が相手の計略を打たせずに滅可能

軽弩兵
前衛にいる虎憤衛キラーとして後衛を無力化させつつ、前衛の壁武将を葬るなら
魯粛
2_4-03_ex.png
呉の回復武将。
前衛向きの兵種と回避をもっているため、星2以降から役に立つ。
連携スキルを考慮すると編成が固定化されてしまうが、連携スキル効果的。
序盤から後半まで役にたつ武将
覚醒スキルはダメージに対して確率で発動する。
回復量は高く、ぜひとも発動を促したい。
前衛で攻撃を受ける、また、相手の覚醒スキルを受ける形での運用が望ましい。
蟲毒が有効。
回復を封じるだけで少し硬い前衛に成り下がる。
特に覚醒カクは相性抜群であり、スキルと回復を封じることができる。
防→計or兵→攻
(前衛編成)
重甲兵
前衛運用するなら。高い防御と覚醒スキル発動の可能性が高めることができる。

間諜
高火力計略スキルを回避するため。
必然的に後列運用となる。
徐庶と組み合わせるといった状況には有効。

医官
無星運用、後列配置をするなら、魯粛の計略スキルの底上げには有効。
呂蒙
2_4-04_ex.png
呉の壁武将。
進化4以降から本領を発揮する。
孫権との連携スキルも秀逸。
全武将の 中での防御力は最高峰。
覚醒スキルはダメージ減であり、味方全体の硬さを増す。
高火力が増える州牧以上で より効果を発揮させる。
また陸遜との連携もあり、蜀に対する攻撃力を増す。
孫権、陸遜との連携が優秀。
火力はないので覚醒していないなら後列攻撃ができる手段や、
全体攻撃スキルで無視 するのも手。
また錦帆賊兵種武将でダメ軽減を無視できるので典韋や、
甘寧を当て込むの対策。
兵or防→攻→計解煩兵
蜀キラー。
陸遜との連携によって優秀だが、呂蒙は火力ないので、そこまでいかしきれない。

車下虎士
騎兵減兵種。
呉キラー対策に有効。
騎兵種は攻撃を増加する手段持ちが多いので、連戦騎 対策等のも有効。
呂蒙はもともとの防御も高いのでなくても耐えられる。

先頭死士
デフォルト兵種。
先頭死士の効果を十二分に発揮できる。
一撃でのダメージはそれほどでもないが、
先頭死士の効果で騎兵種のほうがダメージを受けるので、最終的には勝利する。
陸遜
2_4-05_ex.png
蜀絶対殺すマン。
対蜀に関しては覚醒スキルの発動状況もあるが、かなりのアドバンテージを誇る。
計略スキルも高火力である為、蜀以外にも有効に戦える。
覚醒スキルがターン後に発動なので、生存させることが大事。
張昭、張紘と組むとかなり有効に戦える。
また灼熱ダメージもフル覚醒ならば、そこそこの火力をもつので、
必然的に周瑜や呂蒙と組むとよりダメージを与えられる。
蜀編成ならば、長弓趙雲で一撃で倒すことが有効。
被害を抑える為に即、殺すことが肝心。
精鋭騎兵で後列にスキルを出せたり、後衛に物理高火力を出せる武将で早めに始末しよう。
また蜀以外では被害覚悟で無視するのも手。
計略スキル発動前に殺せれば、そこまで被害はださない。
計→防or兵→攻解煩兵
デフォルト兵種。
陸遜の9割9部はこの兵種。
あまり解説不要の兵種

山越兵
洛陽には。陸遜は攻撃型の武将なので、あまり有効ではない。
呉キラー呂布に出くわしたなら

連弩兵
フォース+1はかなり有効、早打ちスキル連発編成と合うので、蜀以外の武将を倒す時には有効。
甘寧
2_4-06_ex.png
回避や見破りをもった火力武将。
兵種がかなり驚異的。
覚醒スキルも攻撃力は地味だが有効な活用ができる。
進化4以降から有効に使える。
前衛もこなせなくはないがダメージ 軽減等の連携スキルがない為、少し心もとない
兵種錦帆賊がチート兵種。
攻撃相手のダメージ軽減と名の付く効果を無効にする。
甘寧自身の火力は地味だが、安定したダメージを与えやすい。
本領発揮は洛陽戦であり、 一撃で10000近辺のダメージを城壁に与える。
(州牧以上)覚醒スキルもバフ消しが有効 であり、
甘寧の攻撃が回避されない限り、相手のバフを消すことができる。
甘寧の列に 高火力武将を置き、前衛を破壊すると、
1度しか発動しないタイプのバフを無効化できる。
張遼や徐晃、夏侯惇といった厄介な覚醒スキルも無効化できる。
バフによる自軍強化編成なら早めに倒したいが、
回避や見破りがあるので、なかなか、倒しづらい。
防御軽減等の天賦や連携スキルはない為、
高火力謀士早打ちでサクッと倒そう。
また特殊兵種運用が多いので、火矢兵でも有効に対処できる。
攻→兵or防→計攻城車
無星運用するなら、空城攻めに役に立つ。

車下虎士
呉キラー対策。
また騎馬兵種は高火力運用が多いので、甘寧の生存率を上げたいなら。

錦帆賊
デフォルト兵種。
チート兵種なくらいの能力を持つ。
天賦も連携スキルも兵種もすべて 無視の為、
壁武将にもダメージが通しやすい。
数値アップの天賦や連携スキルは
無効にできないため、太史慈や李典には効果が薄い。
小喬
2_4-07_ex.png
物理防御があり、前衛をこなせる計略武将。
計略スキルはダメージがある方だが、重い。
連携スキルも防御よりなので、前衛をしつつ、覚醒スキルでのサポートが主軸となる。
覚醒スキルがフォース確率減の効果。
開幕にフォース減を放てる覚醒周瑜と組むといい。
後衛に計略スキルダメージが高い編成には効果的。
相手のフォースを減らしつつ、こちらも早打ち編成などて、一方的に計略を放つ編成がいい。
また前衛を素早く壊滅させる編成も可。
李典や張郃といった武将と相性がいい。
フル覚醒でないと効果が発揮できないので、フル推奨
兵→防→計→攻
(前衛、サポート編成なら)
連弩兵
全体早打ち編成と相性良し。
小喬はサポート型であるが計略スキル多様編成にも相性が良い。

間諜
サポート編成にするなら。
物理防御は高めなので、計略スキルも間諜で見破りを付ける。
間諜だけでは心もとないので、徐庶や紫騂を付帯させよう。

舞女
攻撃手段が通常攻撃と計略スキルしかない小喬にはあまり効果的ではない。
大喬
2_4-08_ex.png
早打ち計略スキルを持つ武将。
水師でもあるため高火力を常にだせる。
物理防御がない為、後衛の配備するのが望ましい。
連携スキルはすべてダメージ 増の為、フル連携速射はかなりの火力。
覚醒スキルは3列目に置かないと効果はあまり発揮できない。
武魂があまっているなら 7体目として使用するのがいいが、
今度は速射が生かせなくなる。
非常にもったいない武将。
また脆さもある為、必然的に覚醒3段階まで魂は振りたい。
7人目に運用するなら、覚醒1でも 有効。
フル覚醒にして、開幕に眩暈を60%の確率で付与するという戦術もあり。
運用法はいろいろある為、自身の戦術にあった編成を組もう。
速射型には計略を放つ前に滅するのが有効。
物理に弱いので、長弓趙雲で仕留めよう。
また覚醒カクでも対策になる。
8割型は水師なので 舞姫 甄姫 or 火矢兵 甄姫 でも
高ダメージを与えられる。
計→兵or防→攻
(覚醒スキルを使わない運用法ならあえて
7番目に振らない選択肢もあり。)
虎憤衛
ダメージ減は魅力的だが物理に弱い為、すぐにHPがなくなる、
前衛にも向いていない為 有効ではない。
3列目に使って少しでも生存率を上げるという運用ならあり

水師
デフォルト兵種
早打ち高火力の大喬にはうってつけの兵種。
前衛は騎兵や歩兵が多いので、より有効。

長槍兵
前衛に騎兵運用も多いが、汎用力でいうなら水師が上、
特殊兵種はキラーが多い為、 対策として使ったりするならあり。
游騎兵には相殺されるので効果はない。
孫尚香
2_4-09_ex.png
縦列計略スキル最高峰の火力を持つ。
覚醒前でも運用できるほど火力がある。
半面防御性能は皆無。
専用武器や呉国大との連携で回避、見破りを付与しよう。
覚醒スキルは自身のフォースを上昇させる。
フル覚醒までいくとターン終了時に ほぼフォース1上昇する。
月英と編成すると毎ターンスキルを打てる。
防御性能はないので連携スキルもある孫権や張昭、陳宮と
編成して生存率を高めよう。
騎馬編成が多い為、先頭死士で相打ち可能。
また賈詡でも封印可能。
2ターン目いないに覚醒スキルが当たれば、かなりの確率で封印できる。
計→兵or防→攻
弓騎兵
デフォルト兵種。
孫尚香の火力をより高めてくれる。
先頭死士には注意。

斥侯
確実にスキルを放ちたいなら、覚醒段階が少なかったりするとこは有効、
フル覚醒だと2ターン目にはほぼフォースがたまるので、不要。

沖鋒兵
太史慈単騎で攻めてくる相手に有効。
相手が先頭死士が多い為、少ない兵力で
相打ちが狙える。
また孫権や呂蒙など呉で硬めの武将も素早く倒せる。
太史慈
2_4-10_ex.png
物理防御高めの見破り持ち。進化4から壁武将として有効に使える。
計略スキルも後衛のフォースを減少させるので、計略スキル遅延に役に立つ。
本領発揮は覚醒してから、反撃+回復の覚醒スキルの為、より生存性能が高まる。
反撃も強力で、フル覚醒単騎に自軍が壊滅させらることもあり。
覚醒スキルを活かすなら単騎運用もしくは前衛に太史慈を置き、後衛に回復武将や
火力武将、バフ武将の編成もいい。計略スキルもフォース減なので、連戦騎にして
計略スキル早打ち編成もあり。官職があがると単騎での運用が難しくなるが、厄介
な武将筆頭。
8割くらいは先頭死士。歩兵キラー計略で速やかに葬る。
また呉キラーでの高火力計略で相打ちを狙うのも手。
兵種蠱毒で回復を封じる。
易傷状態にして反撃の火力を奪うのも手。
攻→兵or防→計御林軍
兵が減るとダメージ軽減が高まる。反撃で兵を削っていく太史慈には非常に有効な兵種

連戦騎
連撃よりも計略スキルの早打ちが有効。後衛のフォースを減らせる為、計略早打ち編成や
高火力計略編成相手には有効。相手に素早くデバフを打てる武将と組ませよう(EX 夏侯惇
司馬懿、黄忠)

先頭死士
8割はこの兵種。呉キラーに対する反撃や高火力を出しやすい騎兵にカウンター攻撃を
だせる。覚醒太史慈の場合さらに反撃もできる為、騎兵に対するアドバンテージがかなり
高い。
黄蓋
2_4-11_ex.png
攻撃よりの武将。
兵種も物理攻撃によっている為、攻城で役に立つ。
兵種はどれも有用な兵種の為、 自軍の編成に合わせて使いたい。
覚醒スキルは少しかわっており、自分にダメージ があるものの
縦列への追加攻撃とバフが付く。
使いかた次第で非常に強力。
覚醒スキルが自身へのダメージがあることを利用して
編成を組むのが最適
劉協、荀彧、杜預あたりの覚醒スキルは
HP最小値の武将に効果がある為、 黄蓋をより強化、保護できる。
覚醒黄がを運用するなら、黄蓋を生存させ続けるのが 肝心
脆さをつく。
後列配置が多い為、長弓趙雲で即滅が理想。
またバフ消しや回避武将を当て込むことも対策になる。
相手が黄蓋を保護しない編成ならば、覚醒スキルの発動状況で
自動的に死んでいるときもある。
攻→防→兵→計先頭死士
騎馬に対するアドバンテージが高い。無星運用で騎馬のカウンターに使用する役割も できる。防御性能はないので、黄蓋覚醒運用にしている編成には合わない。

水師
デフォルト兵種。覚醒スキルを活かすならこの兵種。高い火力をより強力にできる。

遊侠
会心90%は非常に魅力的、星2運用の攻城要因としてはかなり優秀。
覚醒スキルは生かせないので、覚醒させるなら不要。
凌統
2_4-12_ex.png
孫堅
2_4-13_ex.png
孫策
2_4-14_ex.png
【PR】

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-17 (土) 21:17:50 (243d)