覚醒武将

覚醒武将
覚醒画像
解説運用法対策覚醒順番兵種
劉備
1_4-01_ex.png
全体回復スキルをもつ武将で屈指の生存力をほこる。
桃園で組ませれば、スキル回復力も膨大になる。
覚醒スキルは入場時確実に発動するため、高火力計略スキルと相性がいい
覚醒させなくても星3まで上げれば、役に立つ武将
全体回復スキルが優秀であり、高いHPとダメージ減効果がある兵種を持つなど、
壁役として十二分に働く。
覚醒スキルを運用するなら、覚醒3以上は欲しい。
覚醒スキルの特性から、早打ち武将と相性がいいもしくは諸葛亮、趙雲など、
全体ダメージ計略スキルを持つ武将に相性がいい。
必然的にフォースを上昇させるスキル持ちを組ませると効果的。
バフ消去スキル持ちには無力。
特に発動のタイミングがわかりやすいので、早打ち孫堅
を出されると覚醒スキルが何も効果なくなる。
甘寧、楽進もバフを消去するので対策になる。
兵→計or防→攻白耗兵
群武将編成があまりいないので生かしきれないが、洛陽では役に立つ。

虎憤衛
デフォルトはこの兵種。
HPが高い劉備にはほぼすべての攻撃がダメージ減35%が付く

医官
回復能力を上げたければ良いが前衛になることが多い劉備にはあまり効果的ではない。
劉備以上の前衛がいるなら可
諸葛亮
1_4-02_ex.png
計略スキルは全武将NO1の火力を誇る。
スキルの重さと脆さは欠点。
覚醒スキルを覚えさせることで、耐久と反撃が追加されるので、
使用するなら覚醒することが望ましい。
絶大な火力を生かすため諸葛亮のスキルを効率よく撃てるPT編成が良い。
張昭、張紘 于禁 李典といったフォース上昇スキルを打てる武将と組ませることが有効。
橙なら覚醒姜維を活用するのもいい。
素早く計略スキルを放つことが肝心
スキルを打つ前に倒すことが肝心。
覚醒してるとスキルが跳ね返される恐れがあるので
覚醒追撃スキルで確実にダメージを与え倒そう
EX) 趙雲 沮授 関羽 許チョ
また諸葛亮最大の敵は諸葛亮だったりする、自分の高火力をそのまま返される。
こうなってくるとスキルの打ち合い、覚醒スキルの発動状況の差になってくる。
連弩兵
スキルが重い諸葛亮には効果的ではないが、早打ち運用をするなら、連発できる可能性
が高まる。

謀士
デフォルト兵種。
諸葛亮の絶大な火力を生かすため、見破りを無視する効果は有効。

軽度兵
歩兵相手に有効だが、追撃もちで有効なスキルを持つ歩兵は許チョのみ
あまり有効ではない。
関羽
1_4-03_ex.png
回避があり、また連携込みだが物理火力も高い
何より覚醒後の追撃が致命傷までいかないでも有効なダメージソースとなる。
覚醒1では火力が足りないので、覚醒3より先に進めたい。
手数が多いほど有効に使える。
関羽さえ死ななければ、追撃がだせるので9人編成で攻めると効果的。
また回避があり、物理ダメージ減、籐甲兵持ちなので、物理攻撃には強い。
前衛でも問題ない防御性能。
計略攻撃に弱いので、火力計略攻撃が有効。
麋竺等の計略攻撃でも大ダメージを与えられる。
また覚醒スキルで計略追撃を与えられる武将でも対策になる。
EX)沮授 張角
追撃のダメージを抑えることも可能。
防御系バフや、攻撃ダウン系デバフでも対策はできる。
攻→兵or防or計
(計略ダメージを少しでも抑えたければ)
沖鋒騎
呉キラー関羽の手数相まって、かなりの殲滅力を誇る。
呉には先頭死士も多い為、使用には注意が必要。
陸遜等の蜀キラーを長弓趙雲で狙い、仕留めきれないときの保険として使う等の用途等が有効

籐甲兵
物理ダメージ減が魅力的。
しかしデバフ攻撃に弱くなるため、より計略攻撃に弱くなる。
長所を増して短所も増す兵種。

大刀軍
群武将へのダメージ2倍は脅威的。
特に洛陽イベントでは洛陽守備軍が全員群なので
覚醒スキルの手数も相まって脅威的な殲滅力がある。
通常マップでは群編成は珍しいため、あまり生かしいれない。
張飛
1_4-04_ex.png
各陣営にいる壁武将の一人 壁武将のなかでも桃園3兄弟で組ませることで火力もでる。
覚醒スキルは味方の攻撃力を上げる効果があるので壁でありながら、
味方にバフをふりまける。
覚醒なしでも星4まで上げれば、壁役をこなせる。
壁なので、脆いが高火力武将の前衛に適している。
攻撃力も連携スキルを組ませればそこそこでる。
攻城車をもっているので、空城攻略にも適している。
バフは攻撃の度に発生するので、バフ解除をしても発生する。
幸い、上昇率は低め。
壁武将に対策よりは壁武将が守っている後衛を先制して倒すことが、大事。
長弓兵や、後衛にスキルを打てる武将なおかつフォースを
下げる効果がある武将を対峙させることも対策となる。
兵or防→攻→計攻城車
城攻めに向いている兵種。
張飛は星を振らないでもこの兵種にすれば、空城攻めに役に立つ

虎憤衛
デフォルトの兵種。壁としての役割が増す。HPを上げるため、張飛にはSSRの馬を装備させよう。
副賞も兵成長が良い武将を

長槍兵
蜀には先頭死士がいないため、蜀キラーである虎豹騎対策が打ちにくい。
張飛はそこそこ火力もあるので、虎豹騎対策には打ってつけの兵種。
ほかにも前衛が騎馬武将編成は多い為、壁役の張飛に火力を持たせることができる。
趙雲
1_4-05_ex.png
攻撃に全振りした紙武将 殺される前に殺す戦法が有用。
っていうか それしか持ち味がない。
相手の編成をよく見定めて、相手が 鍛えてる武将を一撃で殺すのが役目。
覚醒1からでも使えるが、使い方にクセがある。
攻撃スキルは有用。
馬超との相性がいい趙雲がクリティカル攻撃で仕留めて馬超が追撃することがダメージソースと して優秀。
スキルを使わない単発攻撃能力は全武将1位
紙防御なんで全体スキルでダメージ与えてれば勝手に死ぬ。
こちらの主力が殺されないよう立ち回ることが肝心。
攻められたら、武将編成を変えるなどでも対策になる。
こちらの捨て将を殺している間に勝手に死んでる。
あと六割くらいが長弓編成なので精鋭騎兵厳顔 法正の早打ちで大体死ぬ。
蜀キラーにも弱い。
趙雲は戦力分析がしっかりできる人が使うと凄まじく強いが、
ただ置いてるだけなら余り強く無い。
攻 → 兵 or 防 → 計長弓
後衛武将を先制して倒したいとき

禁衛
デフォルトはこの兵種
紙防御の趙雲には危険だが、禁衛を生かすために馬を装備させない選択肢もあり。

白馬
用途が限定的すぎるため、使用頻度は低い
馬超
1_4-06_ex.png
覚醒スキルは敵武将を仕留めたときに発動する。
覚醒1では火力が足りないため、覚醒3以降が本領発揮
回避・見破りを持っているため、生存率はそこそこ
高火力武将との連携が肝心。
相方候補筆頭は趙雲。
諸葛亮等、全体に致命傷を与えることができる武将も相性がいい。
また陣営にこだわらず、高火力武将との相性はいい。
EX)郭嘉 許チョ 周瑜 呂布
兵種が騎馬の場合、先頭死士にはひたすら弱い。
西涼鉄騎ならば、 于禁 李典 に攻撃してるだけで、自滅する。
太史慈等にも相性が悪く、先頭死士がない勢力
皮肉にも 蜀勢力には騎馬運用で問題ない。
攻→防or兵→計西涼鉄騎
魏武将へのダメージ倍増は魅力的だが対策が簡単。

攻城車
城攻め用の兵種だが、馬超に対するカウンター封じのために有効な兵種

游騎兵
馬超の持ち味は火力、追撃なので、あまり使われない。
先頭死士の餌食にもなる。
黄忠
1_4-07_ex.png
サポート特化武将 覚醒スキルは敵将を無力化させるのに有効。
連携を絡めると防御性能も高まる。
タイマンだとずっと眩暈にできる。
魏延、徐庶と絡めると、防御性能がかなり高まる。
趙雲と使用方法は似ている。
敵軍の鍛えた武将を無力化させるのに多いに役に立つ。
趙雲は会心が出なければ、意味はないが、黄忠は確実に眩暈状態にする。
趙雲は確率で敵将を倒せる、黄忠は確実に眩暈をするが、倒せない。
自分の好みにあったほうを使用しよう。
黄忠は防御性能もあるので、生存率は高い。
覚醒黄忠を発見したら兵種を見極めて、武将隊列を変更するだけで対策になる。
黄忠がこちらのおとり武将を眩暈させている間に相手の主軸を殲滅させよう。
黄忠はサポート特価型なので、こちらのメイン武将を狙われなければ、
対策はなくても、なんとかなる。
防→兵→攻→計
(サポート運用)
長弓
後衛武将無力化をする。
覚醒趙雲や、許チョなど後衛にしている編成が多いので発見しだい、
隊列を合わせて無力化しよう
(許チョの場合、覚醒スキルは封印できないが)

籐甲軍
前衛武将を無力化したいとき、また物理ダメージ減は魅力的。

并州騎
覚醒黄忠で使用すると眩暈を促しつつ、フォースを-1できる可能性がある。
前衛に強力武将を発見するなら完全無力化できる。
発動率は低めの為、あまり有効ではない
龐統
1_4-08_ex.png
計略攻撃、防御に強い典型的な後衛武将
特徴は早打ちと計略スキルデバフ眩暈
覚醒スキルはバフ消し+追撃であり、スキル発動や覚醒スキルに
バフがある武将を相手にすると役に立つ
眩暈を早打ちできるのは多いに役に立つ、張飛と編成させることが推奨。
また覚醒スキルもバフ解除を生かすためにはより長く生存させることが肝心
長期戦になればなるほど、役に立つ武将。
覚醒1から運用可能。
バフ解除はやっかいだが、こちらが全軍バフを想定した編成でない限りは
特に問題ない。
全軍バフを想定した編成なら、速やかに排除すること、
物理攻撃には柔いので、長弓など、後衛に攻撃できる編成で排除しよう。
防→兵→計→攻間諜
;デフォルト兵種。
龐統の弱点である、物理計略攻撃の見破る確率が高まる。

謀士
見破り無視は有効だが、龐統には火力を求めないのであまり有効ではない。

重弩兵
特殊兵種のみ限定であるが、眩暈にする可能性が上昇する。
呉武将は水師編成が多いので有効。
また高火力計略武将も謀士編成が多い。追撃スキルともかみ合ってる。
姜維
1_4-09_ex.png
フォース上昇特化武将 縦列スキルなので、そこそこのダメージがあり、
軽い計略スキルを出す、出すための援護にしか興味がない覚醒スキル・計略スキルをもつ
使用するなら覚醒3当たりから
覚醒スキルが優秀。
最大で40%だが味方のフォースを上昇させる。
諸葛亮や高火力だが重いスキルもちと組ませると効果的。
また攻城でも横に全体回復スキルを持つ武将を配置すると、全体回復スキルを打ってくれる
前衛に攻城車武将を置いて後衛に全体回復武将と覚醒姜維をおくだけで100万の城でも落とせる
(時間切れはあるが)
躊躇状態にさせる武将で封印できる
覚醒カクあたりが効果的、また全体に眩暈スキルを放てる武将も効果的。
フォースがMAXでもスキルを放てなければ効果はなし
計→兵or防→攻
(サポート型なので防や兵からでもいいが、
フル覚醒で運用するのが望ましい)
謀士
見破り無視は効果適だが、スキルが縦列なので、あまり意味はない

無富飛軍
先頭死士のいない、、、魏延を参照
覚醒スキルがサポート特化・自動発動型なので戦場にいるだけでいいことから、
生存を最優先させたい

斥侯
よりフォース特化にするなら、正直フォース過多になるが、
覚醒スキル連発 計略スキル連発にするならアリ
徐庶
1_4-10_ex.png
見破り特化武将 計略スキルもサポートであり、覚醒スキルもサポートに特化している。
そこそこ物理には強いが、連携スキルを考慮すると、後衛向き。
覚醒スキルありき
発動確率を上げるためにフル覚醒運用がのぞましい。
フル覚醒スキルは脅威的、物理火力スキルもちを完封できる。
本人は 連携スキル、天賦も相まってかなりの確率で見破りを発動させる。
最優先に覚醒させる武将ではないが、存在するだけで役には立つ。
ぜひとも黄忠と連携させたい。
謀士計略スキルで覚醒スキルは完封できる。
本人は計略型なので、フル覚醒だと 謀士高火力計略でもなかなか死ににくい。
趙雲など覚醒火力スキルを持つ武将で 一撃で倒すのも有効。
覚醒1程度ではそこまで脅威ではないので、フルでない限り 無視するのも手。
防or兵→計→攻
(サポート向きで自身の生存が最優先)
斥侯
計略を確実に打ちたいなら。

謀士
見破り無視。
徐庶の計略スキルで後列を確実にフォース-1にする。

霹靂車
弓兵キラー
スキルが重い徐庶にはあまり有効ではないが、後衛陸遜を狙うといった用途で使う。
魏延
1_4-11_ex.png
物理攻撃力に秀でたキャラ 自身の会心と関羽との連携スキルが強烈
進化2まででも関羽と絡めると攻城ではすさまじく役に立つ。
また兵種も優れたものが多い。
覚醒スキルは連続行動をする。
ダメージを与え続ければ、行動する確率がすべてに適用される。
非常に強力
関羽との連携が基本、また黄忠との連携は弱点を補う形となる。
高い会心率と覚醒スキルからの連続行動が持ち味。
後列運用が望ましい。
強力な覚醒スキルを活かすためにはフル覚醒が望ましい。
1だと実感があまりない
主動発動型の覚醒スキルなので覚醒黄忠で封印できる。
また計略ダメージに弱い為計略スキル早打ちPTなら
かなりの大ダメージを与えらえる。
関羽との連携がキモであるので、関羽を倒せるなら先に関羽を倒すのもアリ。
攻→防or兵→計無富飛軍
先頭死士のいない蜀陣営では虎豹騎が非常に脅威。
対策としてはアリ。
魏延を長らく生存させたいなら

大戟士
デフォルト兵種。
高い会心率を十二分に生かし切る。
関羽がいなければ、あまり効果適ではない。

連戦騎
魏延の計略スキルは前衛に流血状態を引き起こすので、連撃が起きる可能性が高まる。
非常に有効。
黄月英
1_4-12_ex.png
兵種や計略スキルから前衛をこなせる武将。
覚醒スキルがかなり強力でありフォース上昇という項目においては断トツで有能。
覚醒スキルの発動条件から、ほかに周囲にフォースを上昇させる武将と組むとより効果的。
連携スキルの関係から諸葛亮の相方としての役割が高い。
覚醒させることが大事。
覚醒スキルはサポートのほかに、追撃としても価値あり。
覚醒1からでも運用できる。
張紘、卞玉兒らと相性が非常に良く、覚醒黄月英を組ませれば、計略スキルを連発できる。
必然的に上記武将がフォースを上昇させる位置に武将を置くだけで、計略スキルの早打ち・連発が可能。
眩暈・躊躇状態にさせることができる武将には相性が悪い。
早打ち袁紹、龐統、覚醒賈詡 あたりがでてくると
上昇させたフォースの意味がなくなってしまう。
また前衛運用の場合、兵種は籐甲であることが多いと思われるが
そうなると覚醒陸遜との相性が最悪である。
兵or防→計→攻
(サポート運用するなら)
連弩兵
月英の覚醒スキルは自身のスキルには適用されない。
自身のスキルを連発させたいなら。
他のフォースを上昇させる武将と組むとより効果的。

籐甲軍
前衛運用するならば。しかし前述したとおり、覚醒陸遜との相性は最悪。
また追加ダメージを与えてくる前衛スキルをもつ武将や前衛計略スキル武将
(大喬、貂蝉、沮授)にも相性が悪くなる。

火矢兵
ターゲットは謀士高火力武将や、水師・巫毒編成の武将。
特に賈詡 は巫毒兵種が多いので賈詡 を覚醒スキルや計略スキルで狙うなら。。。
しかし、賈詡 は後衛にいることが多く、また覚醒スキルのダメージもランダムな為、
狙いにくい。
司馬徽
1_4-13_ex.png
黄承彦
1_4-14_ex.png
【PR】

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-04 (月) 03:17:52 (259d)